インクジェットプリンターの活用方法

インクジェットプリンターは、今や仕事や暮らしにまで必要不可欠なものとなりました。従来の印刷方法のように、版下を必要とせず、紙などに直接インクを噴きつけるインクジェットの機構は、印刷界に革命をもたらしました。これにより、誰でも気軽に、少部数の印刷を行うことができるようになり、しかも、より微細なものを刷れるようになったのです。このインクジェットプリンターは、家庭においてはほぼ主流となり、書類やチラシだけでなく、年賀状印刷のほとんどは、これが用いられるようになりました。そしてその技術の応用は、幅広い分野に及んでおり、趣味の分野から、大掛かりな工業としての用途まで、さらなる進化を続けているのです。インクジェットプリンターはもはや単なる印刷機械ではなく、社会にとって重要なパートナーとなっているのです。

暮らしに役立つインクジェットプリンター

インクジェットプリンターは、単なる紙だけではなく、もっと様々なものに印刷を施すことができます。たとえば写真を光沢紙で印刷することは、思い出のアルバム作りなどでは定番となりました。これまで現像にかかっていていた、費用と時間のコストを抑えることができますので、多くの親御さんにとっては、たいへんありがたい存在なのです。また他にも、アイロンを使ってTシャツに転写できるものをプリントしたり、おしゃれなラベルなどを作るのにも役立ちます。こうしたときに気をつけたいのが、インクの違いです。たとえば広く使われている染料系のインクは、色が鮮やかに出ますが、耐水性に不安があります。一方、顔料系になると、耐水性には優れていますが、光沢が出にくいという点があるのです。こうしたことを把握すれば、よりよいプリントが可能になります。

先進技術としてのインクジェットプリンター

インクジェットプリンターの技術は、紙だけではなく、意外な分野においても使われています。たとえば精密機器には欠かせない回路基板の製造には、インクジェット式による生成が行われるようになってきました。複雑で細かい回路パターンを、直接原料を噴きつけることで、より効率的な生産を可能にしているのです。それをさらに進化させたものとしてあげられるのが、3Dプリンターです。従来では、インクジェットはあくまでも平面上のものでしかありませんでした。それが3Dプリンターでは、樹脂を立体的に噴出し、それを紫外線などで硬化させることによって、立体的な構造物を出力することに成功したのです。生活に密着したインクジェットプリンターは、これからも進化を続け、人々の暮らしを支えていく存在なのです。