インクジェットプリンターの印紙について

家電量販店やホームセンターなどで販売されているプリンターの多くは、インクジェットプリンターです。プリンターがあれば、様々な文章などを印刷できたり、年賀状を作ったり、POPなども作ることができます。最近では専用のセットを買って来れば、名刺を作ることもできたり、シールやステッカーなども作ることもでき、その使い方に幅が出てきました。しかしながら、このインクジェットプリンターですが、仕組みや構造はどうなっているのでしょうか。何を基準に買えばよいのか、店員さんに聞いてもあまり詳しく教えてもらえなかったりします。ここでは、プリンターの選び方と、インクについて、少し説明していきたいと思います。家電量販店では様々なメーカーのものがあり、ここですべては説明できませんが、参考に見ていってください。

インクジェットプリンターの仕組み

俗に言うインクジェットプリンターとは、インクを直接印刷紙に吹き付けて、描画する印刷方法のことです。わかりやすく言うと、4色のインクを使って絵を描いてくれます。最近出てきたレーザープリンターは、インクを静電気の力を使って紙に吹き付けて行きます。わかりやすく言うと、インクを吸い寄せて描画します。インクジェットプリンターとレーザープリンターの違いは、インクを垂らすか、吸い寄せるか。吹き付けるのか静電気を使うのかの違いで、レーザープリンターの方が構造は難しく、消費電力が大きくなりがちです。構造が簡単な分、インクの交換も簡単に行うことができますので、一般的にはインクジェットプリンターが多く売れています。対応している用紙も多く、種類によっては文章以外にもステッカーなどバリエーションに富んだ印刷を多くすることができます。

印刷用紙の種類やプリンターの選び方

一般的にプリンターを購入しようと思う場合には、印刷にかかるコストは気になるものです。プリンターを買う前には、対応しているインクがいくらくらいするものなのか、確認するとよいでしょう。さらに、インクの金額だけでなく、ひとつのインクがどれくらいの量が入っているのかも確認すると、プリンターを買った後に、どれくらいのお金を使っていくのかもイメージしやすいと思います。さらに、プリンターの型番がシリーズになっているものを選んだ方が、後々年数が経ち、インクが製造中止になった場合、ほかのインクと互換性があり、引き続き使えることもありますので、プリンターはシリーズものを買うと失敗が少ないです。インクジェットプリンターの場合は、用紙の制限をあまり受けませんので、どこでも売っているような紙であれば、なんでも印刷することができます。