インクジェットプリンターのインク代について

今ではほとんどの家庭と言わず、一人に一台パソコンを持つ時代となりました。パソコンがあれば印刷をする必要性がほとんどの場合ありますのでプリンターを購入することになります。家庭用のプリンターはほとんどがインクジェットプリンターで価格は安いもので1万円以下からあり数年前に比べて大変購入しやすくなっています。このインクジェットプリンターは実に高性能で、パソコンから印刷するだけではなく、コピーやスキャナー機能も備えています。また、印刷もコピー用紙だけではなく、写真撮影したもののプリントアウトやCDやDVDの印刷もすることができます。最近発売されたものなら、スマートフォンからでも印刷ができ生活に大変役立つ機械の一つです。さて、この便利なプリンターのインク代等について解説していきます。

インクジェットプリンターのインクについて

プリンターの種類には、レーザーとインクジェットがあり、企業ではレーザープリンターを主に使用しています。レーザーは印刷スピードが速く、きれい、インクがにじまないなどメリットがたくさんあります。しかし、値段が高価でプリンターが大きいので家庭には向きません。たいていの企業は買い取らずにリース契約をしています。一方、インクジェットプリンターは印刷スピードが最近ではずいぶん早くなりましたがゆっくりでインクは濡れるとにじみます。しかし、プリンター本体が非常に安く機械が小さいので場所を取らないので家庭向きです。インクはメーカーによりますが、7色など使用する色の多い機種のものは高めになります。プリンター本体だけで印刷するものはきれいに印刷ができますがインクは割高になります。

純正品と互換インクの違いとおすすめ

さて、いざインクを買いに行くと、純正のインクと互換インクがあることに気づきます。値段は純正の方が高いので同じように印刷ができるなら互換インクを選んでしまいがちです。しかし、プリンターの注意事項には必ず純正品を使うように記載されています。インクが詰まるなどのトラブルを起こし、故障の原因となる可能性が高いからです。しかし実際には互換インクでも問題はないのですが万が一互換インクが原因の故障の場合はメーカー保証期間でも有償になるということです。純正品は安心して使用することができますが、インクを全色数回交換すればプリンター1台買えるほどの値段になります。どちらを選ぶかはあなた次第ですが、プリンターの保証期間が過ぎれば互換インクでも問題がないかもしれません。