インクジェットプリンターのしくみについて

インクジェットプリンターは、きわめて仕組みが単純なものとなっており、オフセット印刷のような作製ではなく、レーザープリンターや、複写機などの加熱処理も不要で、多色刷りも容易の行えるものとなっています。主要部分は、インクジェットとインク容器となって紙を縦の副走査方向へと送る仕組みになり、ヘッドを左右の主走査方向へと動作させます。コンピューターとのインターフェイス制御装置で行い印刷プロセスも単純なもので、ヘッドからインクをジェット噴射のように飛ばして付着させ、少なくなればカートリッジからの供給によって噴出口となるノズルへ届き、再び紙の上へとインクを付着し浸透させ、インクが噴出されると同時に負荷電化を帯電して、飽和した状態の粒子となる仕組みです。

インクジェットヘッドの高品質なしくみ

インクの粒子はノズルから噴出し、電界などの発生で2つの電極間を通過する瞬間に帯電量に応じて湾曲する力が働き、噴出する方向を決定します。これに伴いプリントヘッドが垂直方向へと移動して、数字や文字などを形作り、印字となります。そのあとはインクの再利用をするための印字に使用されなかったインクを回収するガターと呼ばれるパイプが動作するようになっています。インクジェットプリンターは、家庭用やビジネス用などで若干の仕組みの違いや種類による特性が変わるものがあり、基本として小さいものから大きいものまで同じ技術の仕組みとなってヘッドやインクによる自由な組み合わせが可能となる特徴をもっています。各メディアへと対応し、規模の拡大に適した高品質な印刷が可能となります。

インクジェットヘッドの色々な種類

インクを噴出する種類には、連続噴射型やオンデマンド型に分かれた2つがあり、インクの帯電による電界でコントロールする荷電制御方式となる連続噴射型、オンデマンド型はさらに4つの方式へと分かれた特徴があります。基本的には、インクジェットの品質は変わらないものとなってはいますが、印刷の速さや効率のアップ、消耗部品の数に加え省エネやエコロジーの消費電力などの違いで販売される各メーカーによって差別化が図られているものとなっています。現在では、インクジェット技術の向上により課題となっていたインクの濃度や保存性、インク色の種類の増加などによって鮮明な高画質を可能として、品質の良さも高くなってきています。また画像処理を行う周辺機器の技術や専用の用紙も進化しています。

当店人気の高品質インクが期間限定大幅値下げ!!クリアな染色、色褪せに強い耐久力で写真印刷に最適!この機会に是非お試しを! 低価格高性能小型3Dプリンターや豊富なカラーの3Dプリンター用フィラメントが欲しいならここ! オフィスやご家庭でのプリントに!大量注文大歓迎です!コピー用紙A4/2500枚入り1980円 B4/2500枚2,490円!! インクジェットは当社へお任せ下さい